メニュー
新宿区の耳鼻科 評判net|新宿駅前クリニックなど > 副鼻腔炎の口コミ

副鼻腔炎口コミ「見つけてもらえてラッキー」

パウダーさん 20代 女性
★★★★

アレルギー性鼻炎もちのため、年中鼻水が出るのですが、時おり鼻水がのど奥で引っかかっているような感じになることがあります。

ちょうどその時歯医者さんに通っており、歯のレントゲンを撮ったところ鼻のあたりに炎症がみられると教えてもらいました。

そこで市販の鼻炎薬を飲んで様子を見ていたのですが、1週間飲んでも鼻水がのど奥で引っかかっている感じがなくならず、
不快な状態だったのでかかりつけの耳鼻科で診てもらうことにしました。

いつもいく耳鼻科がカメラを鼻の中に入れて中の状態を一緒に見せてくれる病院で、
今回も同様にカメラを入れてみたところ鼻奥が少し赤く腫れてました。

カメラを入れた時は鼻にも喉にも鼻水はつまっていなかったのですが、喉も少し腫れており、先生からは軽い副鼻腔炎になっていると言われました。

処方されたカルボシステインとトラネキサム酸を飲み、時々フルチカゾン点鼻薬を使用していると
1週間ほどで鼻水ののど奥のつっかかり感はなくなりました。

年に数回鼻水のつっかかり感がひどくなることがあるので、その時はちゃんと耳鼻科に行って薬を処方してもらおうと思いました。

今回たまたま歯医者さんで教えてもらえたのはラッキーだったなと思います。

>> もっと見る

副鼻腔炎口コミ「もっと早く病院へ行けば副鼻腔炎にならなかった」

マイさん 40代 女性
★★★★

鼻風邪がなかなか治らず、だんだん鼻汁がドロドロして悪臭がしてきたんです。

鼻汁が喉の奥のほうに流れるので気持ち悪くなり、仕事や家事に集中できなくなってきました。

また、おでこのあたりが重く圧迫されて痛く感じるようになり、鼻が常につまっているので息をするのも辛くなり、やっと病院へ行く決意をしました。

このまま放置していたらさらに悪化するのではないかと怖くなったんですよね。

忙しかったのですが、時間を作って病院へ行きました。

会社の近くに評判の良い耳鼻咽喉科があるのでそこで診察を受けました。

私は鼻風邪が悪化しただけだと思っていたのですが、お医者さんから「副鼻腔炎ですね」と診断されてすごく驚きました。

もっと早く病院へ行けば副鼻腔炎にならなかったのかなと反省しましたね。

病院でエリスロマイシンという抗菌薬を処方され、大体一週間ぐらい飲み続けてみるとかなり症状が良くなったのですごく安心しました。

病院へ行かなければ絶対に治らないと思っていたので、薬をもらって治って良かったです。

鼻はこじらせると大変なことになると思ったので、このことがきっかけで鼻風邪をひいたらすぐに病院へ行くようにしています。

そのおかげで今のところ副鼻腔炎にはなっていません。

>> もっと見る

副鼻腔炎口コミ「きちんと薬を飲んで根気よく通院することでよくなった」

ぱんださん 女性 30代
★★★★

風邪をこじらせて、頭痛と顔面痛、濁った粘性の鼻水がひどくなったことから耳鼻科を受診しました。
蓄膿症には以前もかかったことがあり、大体見当が付きました。
治療が長くかかったので、気が重かったですが、とにかく顔面痛がひどく、一番ひどいときには横たわって唸っていることしかできないほどでしたので、何とかしたい一心でした。
いくら鼻をかんでもかんでも粘っこい鼻水が止まらず、喉の方にも落ちてきて大変不快な症状でした。

病院ではレントゲン検査を行い、蓄膿症であるとの診断が出ました。
膿を吸い出してもらい、患部に直接薬を付けて、さらにネブライザーを使いました。
3日に1回くらいは通院して、この治療をおこなう必要があるとの説明でした。
薬は抗生物質(クラリス)と抗炎症剤(トラネキサム酸)と痰を出す薬(ムコダイン)と漢方薬(辛夷清肺湯)と鎮痛剤が出ました。

膿を吸ってもらってからは頭重感が軽くなりましたが、しばらくするとまた頭が重く痛くなりました。
きちんと薬を飲んで根気よく通院することでよくなったと思います。
症状が軽くなってきてからは自宅で鼻うがいをおこないました。
鼻うがいは1日2回くらいやっていましたが、鼻の通りがよくなり、心なしか治りも早くなった気がします。

>> もっと見る

副鼻腔炎:鼻の中のにおいも強烈に

まるさん 20代 女性
★★★★

以前にも副鼻腔炎になったことがあり、症状を知っていたので、鼻の中から膿のニオイがして気づきました。
副鼻腔炎になる前に、風邪を引いており、風邪は治ったのですが、鼻の中のニオイはなくならず、黄緑色のサラサラした膿が出ていました。
ニオイがするだけで、顔の痛みもなく、生活には支障がなかったので、1~2週間程度何もせずに様子を見ていました。
しかし、症状がよくならなかったため、病院を受診することに決めました。

近所のクリニックを受診し、膿を吸い取ってもらい、薬の吸入をしました。
1週間抗生剤(アモキシシリン)と胃薬を処方してもらい、飲みきりました。
1週間たった頃には、少し症状はおさまっていました。
しかし、また1~2週間経つと、鼻の中から膿のニオイがするようになり、別のクリニックを受診しました。
そのクリニックでは、副鼻腔に針を刺し、整理食塩水で洗浄し、膿を出す処置をしてもらいました。
処置のあと、1週間はまた抗生剤を処方してもらいました。
処置の直後は膿のニオイもしなくなり、改善していました。
しかし、薬を飲み終わってから1~2週間経つと再発し、再度受診すると、総合病院に紹介となりました。
症状は今もあり、痛みはありませんが、膿のニオイがします。
慢性副鼻腔炎になっており、手術が必要となりました。

>> もっと見る

副鼻腔炎:ひどくなると頭痛にまで発展

はなはなさん 40代 女性
★★★★★

鼻風邪をひいていて黄色い鼻水が長く続いていました。
ほかに症状がなかったので、鼻水ならそのうち治るだろうと思っていました。
ところが、全然治らないばかりか、日が経つにつれて目の下(頬の上)の部分が痛く、さらに重くなってきました。
何だろうと思いながらしばらく過ごしていると、今度は頭痛がするようになってきたのです。
そして、さらに目の下の部分も痛さが増してきました。
これは普通ではないと思い、我慢もできないぐらいだったので耳鼻科に行くことにしたのです。

耳鼻科でレントゲンを撮ってみると、目の下の副鼻腔という袋のところに膿がたまっているとのことでした。
耳鼻科では、クラリシッドという抗生剤とカルボシステインという薬を処方されました。
また、病院でネブライザーをしたところ、痛みは少し和らぎました。
先生には処方された薬を1週間飲んでみて、また病院へ来るように言われました。
薬を飲み始めて3日もすると、目の下の痛みや頭痛はなくなりました。
また、鼻水も透明に近くなってきました。
一気によくなってきた感じがしました。
そして、1週間薬を飲み切ったところで病院で再度診察をしていただきました。
とてもよくなったということで、副鼻腔炎は完治しました。
また、私の鼻のかみ方が悪いかもしれないということで、ゆっくり長く優しく鼻をかむように指導されました。

>> もっと見る

top