メニュー
新宿区の耳鼻科 評判net|新宿駅前クリニックなど > 発熱口コミ

発熱口コミ「高熱があってもインフルエンザじゃなかった」

TTKさん 男性 30代
★★★★★

普段風邪で病院に行くことはないが、仕事中あきらかに高熱の自覚があったため、休憩中に病院へ行った。
当時はインフルエンザが流行しており、職場でも数名インフルエンザと診断されていた人が居たため、自分にも感染した可能性が高いと考えたことも、診察を決心した一因。
体温計はもっていなかったが、病院の受付で確認した際は39度以上の熱があったことから、普段は体験しないような高熱だったことも、いつもとは違う風邪だと思わせた。

インフルエンザが流行していたこともあり、待ち時間が1時間以上かかった。
診察は流れ作業になっており、インフルエンザかどうかを検査し、インフルエンザに感染している人とそうでない人の部屋を分けるような措置が取られていた。私自身は高熱があったのにもかかわらず、インフルエンザではないことが判明。
通常の風邪で処方される抗生物質と解熱剤をもらった。

>> もっと見る

発熱でも病院にいってよかった

ゆうきさん 30代 女性
★★★★★

朝からなんとなく身体がだるくて寒気がするな、と思っていたら、夕方から熱が出はじめて、夜には39℃を超える熱がでました。

とりあえず市販の風邪薬を飲んで様子をみようと思ったのですが、深夜になるころには熱が40℃近くまで上がってしまいました。
汗をかいてのどはカラカラでしたが、のどが痛くて飲み物も飲めないような状態で、身体中の関節が痛み、本当につらかったです。
翌朝になっても熱は39℃を超えたままで、動くこともままならなかったので、病院で診てもらうことにしました。

病院に着いたときは、発熱に加え、のどの痛みも増してきていて、ひどい悪寒がしていました。
季節が夏だったこともあり、インフルエンザの可能性はないだろう、とのことでしたが、小学生と幼稚園児の子供がいることから、何かの感染症の可能性もあるということで、鼻に長い麺棒のようなものを入れて検査をしました。

検査の結果は咽頭結膜熱で、いわゆるプール熱というものでした。
子供に多い感染症だが大人でもかかることがあること、特効薬はないが症状を和らげるための薬を処方することなどを説明されました。
その後、抗生剤と解熱剤、のどの痛みを和らげるお薬など数種を処方され、2日ほどで良くなりました。
お薬を飲み始めてから明らかに症状がやわらいでいくのがわかったので、あのとき、先生にきちんと検査してもらえてよかったと思います。
>> もっと見る

top