メニュー
新宿区の耳鼻科 評判net|新宿駅前クリニックなど > 発熱口コミ > 発熱でも病院にいってよかった

発熱でも病院にいってよかった

ゆうきさん 30代 女性
★★★★★

朝からなんとなく身体がだるくて寒気がするな、と思っていたら、夕方から熱が出はじめて、夜には39℃を超える熱がでました。

とりあえず市販の風邪薬を飲んで様子をみようと思ったのですが、深夜になるころには熱が40℃近くまで上がってしまいました。
汗をかいてのどはカラカラでしたが、のどが痛くて飲み物も飲めないような状態で、身体中の関節が痛み、本当につらかったです。
翌朝になっても熱は39℃を超えたままで、動くこともままならなかったので、病院で診てもらうことにしました。

病院に着いたときは、発熱に加え、のどの痛みも増してきていて、ひどい悪寒がしていました。
季節が夏だったこともあり、インフルエンザの可能性はないだろう、とのことでしたが、小学生と幼稚園児の子供がいることから、何かの感染症の可能性もあるということで、鼻に長い麺棒のようなものを入れて検査をしました。

検査の結果は咽頭結膜熱で、いわゆるプール熱というものでした。
子供に多い感染症だが大人でもかかることがあること、特効薬はないが症状を和らげるための薬を処方することなどを説明されました。
その後、抗生剤と解熱剤、のどの痛みを和らげるお薬など数種を処方され、2日ほどで良くなりました。
お薬を飲み始めてから明らかに症状がやわらいでいくのがわかったので、あのとき、先生にきちんと検査してもらえてよかったと思います。

みっちゃんさん 40代 女性
★★★★

会社が終わって帰宅中の電車の中で、関節が痛くなり体がだるくなって寒気がしてきました。
自宅についてすぐに熱を測ったら39度も熱があり驚きました。
普段は熱があっても滅多に病院には行かずに市販薬を飲んで治します。
しかしあまりにも体がだるく、次の日も仕事で大切なプレゼンがあった為休む事が出来ません。
なので市販薬だけではとても治せないと判断しました。
主人に車を運転して貰って、急いで病院につれて行って貰いました。

主人に付き添って貰い病院に行きました。直ぐに看護師さんが私の所に来て、体温計を渡されました。
やはり熱が39度ありました。全く食欲もなく水分も摂れない状態でした。医師に診察して貰い、高熱なのでインフルエンザの検査を受けましょうと言われました。綿棒を鼻の奥に入れて粘液をとりました。この検査はとても痛かったです。
10分程で結果が出ましたが、陰性でインフルエンザではありませんでした。風邪という診察結果でした。
水分が取れない状態でしたので、点滴を受けました。
この点滴を受けたら、かなり体が楽になりました。抗生物質と解熱剤を処方されました。
自宅に帰って直ぐに抗生物質と解熱剤を飲み眠りました。
翌朝何とか熱が37度まで下がっていました。