メニュー
新宿区の耳鼻科 評判net|新宿駅前クリニックなど > 喘息口コミ > 喘息「慢性的な喘息になる前に病院へ」

喘息「慢性的な喘息になる前に病院へ」

リボンさん 50代 女性
★★★★★

最初は、少し喉がイガイガしてきたのでちょっと風邪を引いたかな?と思って、家でうがいをしたりのど飴を舐めたりして、早めがいいと思って家にあった置き薬の風邪薬を飲みました。
翌日には少し咳が出ててき、喉はマシになってきたのに、その後二日程しても咳は一向に収まらず、悪化してきました。
風邪薬は、3日分だったので、その薬もなくなったし、咳に効果があるどころかひどくなってきたので病院に行きました。
でも、病院でも普通の風邪薬しか処方されず、その薬を3日飲んだのですが全く咳に効果がなくて、結局、また違う病院へ行きました。

一回目の時は、普通の風邪だろうとの事で、風邪薬だけの処方で収まらず、2回目は別の病院へいって、喘息の可能性があると言われ、咳止めやアレルギーの薬や気管支拡張剤のシールをとりあえず1週間分頂きました。
即効性はありませんでしたが、3日目位になると咳が収まってきて、咳くと胸が痛かったのもマシになってきました。
1週間薬を飲んだり、気管支拡張剤のシールを貼ったりして良くなってきましたが、念の為にも一度受診しました。
そして、咳止めの別の薬を出してくれ、気管支拡張剤のシールもまた頂き、その夜から新しく出された咳止めを飲んだら、とても自分に合ったのか2回程飲んだだけで、咳がほとんど治まりました。
結局1週間分の薬でしたが、4日だけ飲んで完全に咳は治りました。

なでしこさん 30代 女性
★★★★

2週間前に風邪を引いたのに、咳だけが全然止まらなかったので、おかしいと思い受診してみようと思いました。
なぜか、夜寝ている間や朝方になると突然発作のように咳が出続け、一度咳き込むとしばらくおさまらなくなってしまったのでとても苦しかったです。

周りがたばこを吸いだした瞬間に急に咳が激しくなったり、温度差の変化があったりすると急に咳が出るので、風邪の症状というよりはアレルギー反応みたいな状態に近かったので病院に行きました。

病院で自分の症状を詳しく説明すると、先生からは咳喘息と診断されました。
よく、風邪を引いた後にかかることが多く、空咳がひたすら続く症状なので咳止めと、吸入器を使って治療することになりました。

毎日1回吸入するだけの簡単な吸入器を使った治療法でしたが、すぐには治りませんでした。
吸入器や咳止めを飲んでもあまり効果は感じませんでしたが、1か月ぐらい使用し続けているうちに徐々に咳き込む回数が減ってきました。
咳が治まってもしばらくはこの治療を続けないといけなかったので、約4か月ぐらい継続しました。

その結果、あんなに酷かった咳がやっとおさまったので、病院に行ってよかったと思います。
慢性的な喘息になる可能性もあったかもしれないので、早めに受診してよかったです。

top