メニュー
新宿区の耳鼻科 評判net|新宿駅前クリニックなど > 副鼻腔炎の口コミ > 副鼻腔炎:鼻の中のにおいも強烈に

副鼻腔炎:鼻の中のにおいも強烈に

まるさん 20代 女性
★★★★

以前にも副鼻腔炎になったことがあり、症状を知っていたので、鼻の中から膿のニオイがして気づきました。
副鼻腔炎になる前に、風邪を引いており、風邪は治ったのですが、鼻の中のニオイはなくならず、黄緑色のサラサラした膿が出ていました。
ニオイがするだけで、顔の痛みもなく、生活には支障がなかったので、1~2週間程度何もせずに様子を見ていました。
しかし、症状がよくならなかったため、病院を受診することに決めました。

近所のクリニックを受診し、膿を吸い取ってもらい、薬の吸入をしました。
1週間抗生剤(アモキシシリン)と胃薬を処方してもらい、飲みきりました。
1週間たった頃には、少し症状はおさまっていました。
しかし、また1~2週間経つと、鼻の中から膿のニオイがするようになり、別のクリニックを受診しました。
そのクリニックでは、副鼻腔に針を刺し、整理食塩水で洗浄し、膿を出す処置をしてもらいました。
処置のあと、1週間はまた抗生剤を処方してもらいました。
処置の直後は膿のニオイもしなくなり、改善していました。
しかし、薬を飲み終わってから1~2週間経つと再発し、再度受診すると、総合病院に紹介となりました。
症状は今もあり、痛みはありませんが、膿のニオイがします。
慢性副鼻腔炎になっており、手術が必要となりました。

mamaworkさん 40代 女性
★★★★★

鼻の周りが痛く重い感じが続き、頭痛もひどくなったので鼻に原因があるかもしれないと思いながらも頭痛がひどいときは頭痛薬を飲んでしのいでいました。
ある日旅行で飛行機に乗り、着陸するときに鼻から上がキーンと痛くなり、死んでしまうんじゃないかと思うぐらいの痛みに苦しみ、翌日までその痛みは続きました。
鼻からきているかもしれないと思い、耳鼻科を受診し飛行機に乗った時の症状を説明すると、蓄膿か副鼻腔炎かもしれないといわれ、レントゲンを撮り確認してもらったところ、副鼻腔炎だということが判明しました。

クラリシッドという抗生物質とカルボシステインという薬を処方してもらいました。
この薬を飲むと、顔の左側がしびれてしまいました。

どっちかが合わないと思い、抗生剤だけ、カルボシステインだけという感じで飲んでみたところ、カルボシステインを飲むとしびれが出ることが判明しました。
カルボシステインという薬が合わないということを耳鼻咽喉科で相談し、薬でアレルギーが起きるのは危険なので漢方に変えましょうということになり、「葛根湯加川芎辛夷」という薬を処方してもらいました。
漢方なのであまり効かないかもしれないと思いつつ、飲み続けていましたが数日後には鼻の通りがよくなり、頭痛も改善されました。
私には葛根湯加川芎辛夷という薬が合っているようで、調子が悪くなったら処方してもらって飲んでいます。

top