メニュー
新宿区の耳鼻科 評判net|新宿駅前クリニックなど > 副鼻腔炎の口コミ > 副鼻腔炎口コミ「見つけてもらえてラッキー」

副鼻腔炎口コミ「見つけてもらえてラッキー」

パウダーさん 20代 女性
★★★★

アレルギー性鼻炎もちのため、年中鼻水が出るのですが、時おり鼻水がのど奥で引っかかっているような感じになることがあります。

ちょうどその時歯医者さんに通っており、歯のレントゲンを撮ったところ鼻のあたりに炎症がみられると教えてもらいました。

そこで市販の鼻炎薬を飲んで様子を見ていたのですが、1週間飲んでも鼻水がのど奥で引っかかっている感じがなくならず、
不快な状態だったのでかかりつけの耳鼻科で診てもらうことにしました。

いつもいく耳鼻科がカメラを鼻の中に入れて中の状態を一緒に見せてくれる病院で、
今回も同様にカメラを入れてみたところ鼻奥が少し赤く腫れてました。

カメラを入れた時は鼻にも喉にも鼻水はつまっていなかったのですが、喉も少し腫れており、先生からは軽い副鼻腔炎になっていると言われました。

処方されたカルボシステインとトラネキサム酸を飲み、時々フルチカゾン点鼻薬を使用していると
1週間ほどで鼻水ののど奥のつっかかり感はなくなりました。

年に数回鼻水のつっかかり感がひどくなることがあるので、その時はちゃんと耳鼻科に行って薬を処方してもらおうと思いました。

今回たまたま歯医者さんで教えてもらえたのはラッキーだったなと思います。

NORさん 30代 男性
★★★★★

冬場に風邪を引いてから、ずっと顔が痛かった。

最初は鼻のかみすぎかなと思っていたが、風邪が治ってからしばらく時間が経っていたので、さすがに違う痛みではないかなと思い始めていた。

頭痛とは違うしなんだろうと思って、色々調べてみたら、どうも副鼻腔炎が自分の症状とよく似ていた。

確定診断をつけるには、レントゲンかCTを撮らないといけないようだった。

ずっと痛いままで、気になっていたので病院を受診することにした。

診察を受けて、病状を説明するとやはり副鼻腔炎が疑われるから、CTを撮りましょうという話になった。

あと、風邪も引いていたなら、胸部のレントゲンもついでに撮っておきましょうという話になり、2つ検査することになった。

CTとレントゲンを撮り終わり、再び診察を受けるとやっぱり副鼻腔炎でしたと言われた。

痛む方のところに膿が溜まっていますねと言われた。

確かに痛い辺りに白っぽいものがあった。

胸部のレントゲンは問題ないですね。

肺炎などはないですと言われた。

クラビットという抗生剤が処方された。

クラビットを飲み始めて3日ぐらい経った日、かんでもかんでも終わらない鼻水が出た。

思わずその鼻水を引っ張ってみると、切れずに引っ張れた。

そして頬の辺りから引っ張り出される感覚と共に焦げ茶色の凄く弾力のあるものが引けた。

これが膿だったんだなと思った。

それが取れてから凄くすっきりして、痛みも全くなくなった。

top