メニュー
新宿区の耳鼻科 評判net|新宿駅前クリニックなど > 喘息口コミ > 【喘息】生まれつきだけでなく大人になってから喘息になることも

【喘息】生まれつきだけでなく大人になってから喘息になることも

りんりんさん 30代 男性
★★★★

子供の時に、咳き込むことが多く、ひどい時には呼吸ができないほどでした。
父からは車の排気ガスを吸い込んだからだろうと言われていました

家系的にも気管支が弱かったのもあると思います。大人になってからは風邪を引くと、誘発されて喘息が必ず起こります。
仕事中お客様と話す時に咳き込んでしまって、その場を離れることもよくあります。と
ても辛いですし、仕事にも支障が出て困っています。吸入薬が手放せない状況です。日頃から風邪を引かないよう気をつけています。

診察の待ち時間に咳き込んでしまい、他の患者さんの目もあるので、しばらく咳が収まるまでトイレにいることがよくありました。
トイレにいる間に順番を抜かされることもあり、診察ぬいつも時間がかかってしまいました。先生に症状の説明をしたり何か話そうとすると喘息発作が出てしまうこともありました。そんなときは、診察室のベッドで休ませてもらえてよかったです。
あまりひどい時には、その場で薬を使ってもらうこともありました。
いつも同じ日の同じ時間に外来にくる患者さんで同じ喘息を持っている人がいて、色々な話をしたり相談に乗ってもらったりしました。
喘息との付き合いは、これからも続きますが今の病院の対応には満足しています。

みっちゃんさん 40代 女性
★★★★

私は大人になってから喘息になりました。
風邪をこじらせて咳が止まらなかったのですが、子供を産んだばかりで病院に行く時間がとれず、市販薬でなんとかしのごうとしたのですが、市販の風邪薬では良くなるどころか症状が悪化してしまいました。
夜、寝ようとすると咳が出るのです。うとうとしかけた時に毎晩咳が出て、息を吸うのも苦しくなり、これは普通の風邪ではないのではなかろうか?と疑いを持ち始めました。
ようやく病院に行けたのは、咳がひどくなってから1週間を過ぎた頃です。子育てと咳で寝不足状態が続き、体力も限界になり病院に行く決意をしました。

正直喘息の知識は全く無くて、子供がなる病気だと思い込んでおりましたので、大人になってから喘息にかかることってあるんだ...と正直驚きました。

まさか自分がかかるとは思ってもいなかったのですが、病院の先生曰く「気管支が弱い」との事でしたので、逆に今までかからなかったのが奇跡だったのかもしれません。
とはいえ、子育てで忙しくとも体に異変を感じたらすぐに病院に行くべきだったと猛省しました。

病院では、しばらく飲み続けてね?と何種類かの薬と、ホクナリンテープを処方して頂き、しばらく服用していたらみるみるうちに症状がよくなりました。
大量に市販の風邪薬を服用しても悪化するばかりでしたのに、やっぱり病院で診察してもらって適切な薬をもらうのは大切な事なんだなあと実感しました。

それから10年近く経ちますが、今もたまーに喘息の症状が出る時があるので、「ん?」と思ったらすぐに病院に行くようにしています。
もう、夜に咳で辛い思いをするのは嫌ですね...。

top