メニュー
新宿区の耳鼻科 評判net|新宿駅前クリニックなど > 喘息口コミ > 【喘息】の口コミ

【喘息】の口コミ

しょうこさん 40代 女性
★★★

日中、地域の運動会があり、小学校の運動場にいました。風の強い日で、PM2.5が高めの予報が出ていました。
運動会が進むにつれ、咳がひどくなってきました。お昼頃には、息を吸うと少しヒューヒューという音がします。お弁当を食べて、早めに家に帰りました。
夜になって、急に息をするのが苦しくなってきました。浅い息しかできません。
数時間我慢していましたが、眠ることもできず横にもなれず、唇の色も悪くなってきました。会話も一言発するのがやっとでした。
夜間の救急病院へ受診して、吸入を2回行い朝になったら病院へ行くようにすすめられました。

朝になって、すぐに近所のクリニックを受診しました。喘息の発作が出ていて、ここでは治療できないと言われました。
国立医療センターの紹介状をもらい、そのまま大きな病院へ向かいました。
喘息の中~大発作を起こしているということで、すぐに治療が始まりました。酸素マスクと点滴でステロイドを行い、1週間の入院の指示が出ました。
幸い、国立医療センターは家から近いところにあります。紹介状を書いてもらったので、直ぐに診てもらうことができました。1度入院しているので、今後は発作の時は、診察時間は関係なく診てもらえることになりました。そのため、安心して暮らせています。今まで2回、発作での診察と定期通院を行っています。
いつでも診てくれる場所があるのは、喘息がある人にとっても心強いことです。
喘息についても勉強もありました。信頼できる先生がいるからこそ、症状は安定しており元気に生活できます。とても感謝しています。

えりぃさん 40代 女性
★★★★

30代の半ばごろから風邪ではないのに変な咳が出る様になりました。
その咳があまりにも酷く、腹筋が筋肉痛になる様なレベルでした。また、少し歩いただけで息苦しくなり、咳き込むようになりました。
その上、ある日歯医者で処方されたアスピリン系の痛み止めを飲んだら、咳と息苦しさが出るようになり、その苦しさは救急車を呼ぼうかと思う位でした。
最初は、アスピリンがその原因だと分からず、3回目のアスピリンの服薬でようやく「この薬が何かおかしい?」と気が付きました。
これは何かの病気、恐らく呼吸器関係だろうと、職場の近くの呼吸器科をインターネットで検索して、通えそうな距離のクリニックに初診でかかりました。

クリニックには歩いて行ったのですが、その時点で息が上がり、息苦しさと咳が出るような状態でした。
受付を済ませて診察室に通され、問診や診察をされました。
指先に挟むような機械で血中酸素を計ったところ、良くない数値、でした。
聴診器で胸の音を聞いたら、「ぜーぜーヒューヒュー」と、かなり酷かったそうで、お医者さんが驚いていました。
説明は、もともと、咳喘息に罹っていた可能性が高い上に、「アスピリン喘息」といって、アスピリンのアレルギーの一種で、アスピリンを服用すると酷い発作が出る喘息も併発しているという事でした。
とりあえず今の状態を楽にする為に、僅かなステロイドを含んだ点滴を受けたのですが、点滴が終わるころには、呼吸はすっかり楽になったのに驚きました。
普段の治療は、抗アレルギー薬の内服とステロイドの吸入薬、発作時には気管を拡張して呼吸を楽にするスプレー、と、初めて見る薬ばかりを処方されましたが、これで咳と息苦しさから解放されると思うと、安心しました。

top