メニュー
アクセス、診療時間、診療科目 新宿駅前クリニック耳鼻科 | 新宿区の耳鼻科 評判net|新宿駅前クリニック版

新宿区の耳鼻科で評判になっている病院が、新宿駅前クリニックです。
アクセスもしやすいですし、利用できる時間も長いため、働いている社会人の方から非常によく使われています。
風邪やインフルエンザ、花粉症など日常的に経験する体調不良は、こちらの病院で対応している方も多いですよ。

新宿駅前クリニックへのアクセス

まずこの新宿駅前クリニックへのアクセスですが、これは新宿駅のすぐ近くということで、アクセスは非常に良好です。
まずは新宿駅に行き、西口出口から出てください。
もちろん他の出口からでもアクセスは可能ですが、西口から出るのが一番近いですから、初めて行くときなどはこの出口からアクセスするといいですよ。

西口から出ると、目の前に大手の家電量販店が見えると思います。
この家電量販店の裏にはまた別のビルが建っているのですが、このビルの3階に新宿駅前クリニックは入っています。
このビルに行くために決まったルートはないのですが、駅から一番近いアクセスは、駅前の大手家電量販店とその隣の大手保険会社のビルの間を抜けていくルートです。
ここを抜けてしばらく歩くと、左側に有名なコーヒーチェーンの店舗が見えてきます。

このコーヒー店の位置が、駅前の大手家電量販店を過ぎた位置になります。
そしてちょうどここに左折する道がありますから、そちらへ入ってください。
この道が大手家電量販店の裏へ回り込める道になります。

しばらく進むと1回にコンビニが入った白いビルが見えてきます。
こちらの3階に新宿駅前クリニックが入っています。

病院単体で大きなビルなどは建っていませんから、所在地を確認せずに新宿駅まで直接行くと、少し迷うかもしれません。
この点は少し気をつけてください。
もし直接行って位置関係がわからなくなったら、新宿駅前クリニックまで連絡すればアクセスを教えてくれます。
また、スマホがあれば病院のHPにあるアクセスの案内も確認できます。
簡単な地図や現地の画像を載せた上でのアクセス方法も紹介されていますから、こちらを確認するのもおすすめです。

診療時間

診療時間は、平日の10:00~14:00、15:30~19:00となっています。
予約は不要で、この時間内に来院して受付をすれば診察を受けられます。
診察の受付時間は、診療時間の終了の15分前までです。
また、初診の方は18:00が終了時間になりますから、この時間までに受付を済ませるようにしてください。

診療時間について、おすすめなのは11:00~13:45までの間です。
この時間帯は比較的空いていることが多いです。
もともと待ち時間の短い病院として新宿で評判ですが、この時間帯は特に待たされにくいですから、時間がない方はなるべくこの時間帯での来院を考えるといいでしょう。
逆に混雑しやすいのは18:00以降の時間です。
こちらは仕事帰りの方が集中しやすいため、待ち時間が長くなりやすい時間帯です。
これらを参考に、来院する時間を決めるといいでしょう。

診療科目についてですが、この病院は耳鼻科のほかに内科・皮膚科・泌尿器科があります。
どの科の診察を受けるかは、受付のときに希望できます。
耳鼻科以外の症状で来院している患者も多くいますが、この点はあまり気にせずに来院してください。

この耳鼻科で見られる症状は、内科と重なる領域のものとなります。
たとえば風邪、インフルエンザ、花粉症、アレルギー性鼻炎など、内科でも対応できるような症状なら新宿駅前クリニックで対応できます。
耳や鼻、喉などの奥を詳細に調べる必要のある症状については、それを調べる設備がこの病院内にないため、こちらでは対応できないことがあります。
この点は少し注意してください。

これが新宿駅前クリニックの耳鼻科になります。
アクセスのよさや診療時間の長さ、対応できる症状などから、新宿でも非常に評判のいい病院です。
体調に異常などが起きて困っているときなど、利用してみるといいでしょう。

花粉症も軽減できる

はるかさん 30代 女性
★★★★★

3月になると、花粉症による影響なのか鼻水が止まらなくなってしまいます。ときにはその鼻水が続いたことによって、偏頭痛を起こしてしまうことも多くあったので、仕事の能率が悪くなり、なんとかしたいと思って受診をすることにしました。
また、最近では花粉症に対する対策が進んでおり、自分もこれまで花粉症でとても悩んできたので、最新の治療を受けてみることによって、何とか改善することができないかと思ったのも受診するきっかけです。

受診することによって、自分が何のアレルギーによって花粉症が引き起こされているのかと言うことがわかりました。
また花粉症のシーズンの前に、注射によって体に免疫をつけておくことによって、花粉症の症状が改善されると言う話を聞いたので、試しと思って注射を受けてみました。
結果的には、かなり効果があって、今年の春先にはあまり花粉症で悩むことなく過ごすことができました。
これまでは花粉症によって仕事が手につかないような日も何日かあったのですが、今年は注射のおかげなのか、花粉症によって痒みを感じることやくしゃみをする事はあっても、仕事が手につかなくなるような症状にはならずとても助かりました。
来年以降も試してみたいと思っています。

>> もっと見る

【喘息】生まれつきだけでなく大人になってから喘息になることも

りんりんさん 30代 男性
★★★★

子供の時に、咳き込むことが多く、ひどい時には呼吸ができないほどでした。
父からは車の排気ガスを吸い込んだからだろうと言われていました

家系的にも気管支が弱かったのもあると思います。大人になってからは風邪を引くと、誘発されて喘息が必ず起こります。
仕事中お客様と話す時に咳き込んでしまって、その場を離れることもよくあります。と
ても辛いですし、仕事にも支障が出て困っています。吸入薬が手放せない状況です。日頃から風邪を引かないよう気をつけています。

診察の待ち時間に咳き込んでしまい、他の患者さんの目もあるので、しばらく咳が収まるまでトイレにいることがよくありました。
トイレにいる間に順番を抜かされることもあり、診察ぬいつも時間がかかってしまいました。先生に症状の説明をしたり何か話そうとすると喘息発作が出てしまうこともありました。そんなときは、診察室のベッドで休ませてもらえてよかったです。
あまりひどい時には、その場で薬を使ってもらうこともありました。
いつも同じ日の同じ時間に外来にくる患者さんで同じ喘息を持っている人がいて、色々な話をしたり相談に乗ってもらったりしました。
喘息との付き合いは、これからも続きますが今の病院の対応には満足しています。

>> もっと見る

発熱でも病院にいってよかった

ゆうきさん 30代 女性
★★★★★

朝からなんとなく身体がだるくて寒気がするな、と思っていたら、夕方から熱が出はじめて、夜には39℃を超える熱がでました。

とりあえず市販の風邪薬を飲んで様子をみようと思ったのですが、深夜になるころには熱が40℃近くまで上がってしまいました。
汗をかいてのどはカラカラでしたが、のどが痛くて飲み物も飲めないような状態で、身体中の関節が痛み、本当につらかったです。
翌朝になっても熱は39℃を超えたままで、動くこともままならなかったので、病院で診てもらうことにしました。

病院に着いたときは、発熱に加え、のどの痛みも増してきていて、ひどい悪寒がしていました。
季節が夏だったこともあり、インフルエンザの可能性はないだろう、とのことでしたが、小学生と幼稚園児の子供がいることから、何かの感染症の可能性もあるということで、鼻に長い麺棒のようなものを入れて検査をしました。

検査の結果は咽頭結膜熱で、いわゆるプール熱というものでした。
子供に多い感染症だが大人でもかかることがあること、特効薬はないが症状を和らげるための薬を処方することなどを説明されました。
その後、抗生剤と解熱剤、のどの痛みを和らげるお薬など数種を処方され、2日ほどで良くなりました。
お薬を飲み始めてから明らかに症状がやわらいでいくのがわかったので、あのとき、先生にきちんと検査してもらえてよかったと思います。
>> もっと見る

【喘息】の口コミ

しょうこさん 40代 女性
★★★

日中、地域の運動会があり、小学校の運動場にいました。風の強い日で、PM2.5が高めの予報が出ていました。
運動会が進むにつれ、咳がひどくなってきました。お昼頃には、息を吸うと少しヒューヒューという音がします。お弁当を食べて、早めに家に帰りました。
夜になって、急に息をするのが苦しくなってきました。浅い息しかできません。
数時間我慢していましたが、眠ることもできず横にもなれず、唇の色も悪くなってきました。会話も一言発するのがやっとでした。
夜間の救急病院へ受診して、吸入を2回行い朝になったら病院へ行くようにすすめられました。

朝になって、すぐに近所のクリニックを受診しました。喘息の発作が出ていて、ここでは治療できないと言われました。
国立医療センターの紹介状をもらい、そのまま大きな病院へ向かいました。
喘息の中~大発作を起こしているということで、すぐに治療が始まりました。酸素マスクと点滴でステロイドを行い、1週間の入院の指示が出ました。
幸い、国立医療センターは家から近いところにあります。紹介状を書いてもらったので、直ぐに診てもらうことができました。1度入院しているので、今後は発作の時は、診察時間は関係なく診てもらえることになりました。そのため、安心して暮らせています。今まで2回、発作での診察と定期通院を行っています。
いつでも診てくれる場所があるのは、喘息がある人にとっても心強いことです。
喘息についても勉強もありました。信頼できる先生がいるからこそ、症状は安定しており元気に生活できます。とても感謝しています。

>> もっと見る

【耳湿疹】の口コミ

qさん 40代 女性
★★★★★

耳の裏側から耳の下のつけねの部分までがかゆくなり,始めは市販の軟膏を塗っていました。
冬にこの症状が出ました。
始めはカサカサ程度でしたので乾燥かな,ぐらいで気にしていなかったのですが,かゆみが出てきて気になり始めました。
良くなることはなく,それどころかかきむしって血やら液体やらが出てきてカサブタになってきました。
夜中に寝ながらかいてしまっていたようで,どんどん悪くなっていったので皮膚科を受診しました。

かなり悪い状態だったようで,もっと早く来なさいと病院の先生に笑われました。
診察は状況をみて,ちょこっと手で触って,ああ湿疹だね,とあまりにあっさりしていました。

とりあえず薬を1日2~3回塗って下さい。
良くならなかったらまた来てください,と大したことはなさそうでした。

薬はステロイドといわれているバンテルという軟膏を1本出してもらいました。
その場で薬を塗ってもらって帰宅したのですが,あんなにかゆかったのに,帰る頃にはすっかりおさまっていました。
その後も薬を塗り続けたところ2~3日で何事もなかったようにあっさりなおりました。
その後もたまにかゆくなったら残った薬を使っています。問題なしです。
もっと早く病院に行けばよかったです。

>> もっと見る

【風邪】の口コミ

tensenさん 30代 女性
★★★

風邪のひきはじめは、いつも喉が痛くなります。次に頭痛にはじまり症状が下へ移動していきます。
次第に熱ぽくなってきて最終的に38度になりました。鼻は水のようにサラサラで止まらず、時々セキをするたびに、ものすごく喉が痛くなります。
ですからセキをするのも恐怖でした。食欲どころでなく、節々が痛くて殆どベッドから起き上がれない状態でした。トイレに行くのも大変です。
極力動きたくなかったのですが、あまりに状態が酷いので家族に病院へ連れて行かれました。

"病院についたら吐き気がしてきて、看護婦さんにあわてて入れ物をもらいました。
診察室に呼ばれて入ると、まず私の話を一通り聞いた先生は、喉をのぞいて、肺の音を聞いて、血圧を測って、「じゃあ2週間薬だしますからね。ふんふん・・」と言って終了。
もらった薬は抗生物質と喉や頭痛の痛み止めと、おそらく薬で胃がただれないための?胃の薬をもらいました。
とりあえず、とんでもない伝染病や奇病ではなかった様なので一安心。

その後はベッドに入って、ひたすら汗をかいたら着替えるを繰り返しました。
今はこの方法はすすめられてないのですが、当時はそれが良いと思っていたのです。元々薬が好きでないため飲みませんでした。
1週間すると熱も下がってトイレもすぐに行けるようになりました。今まででひいた風邪の中で一番辛かった思い出です。

>> もっと見る

【頭が痛い】口コミ

つなまよさん 30代 女性
★★★

もともと偏頭痛持ちで、一ヶ月に数回ほど偏頭痛があったのですが、その際はいつも市販の薬を飲んで対応していました。ある日、2日ほど頭痛が治らず市販の薬を飲んでも一向に効き目がありませんでした。その日は仕事中だったのですが、目の前がちかちかして、吐き気がしたりめまいがひどくなってしまい仕事を続けることができなくなってしまいました。そのため普段の偏頭痛とは違うのではないかと思い、頭痛外来もしている病院へ行き診察を受けようと思いました。

予約をしていなかったのですが、すぐに受付をしていただき助かりました。まず最初に問診票を記入して、看護師との問診をおこないました。
その後に先生との診察をしましたが、特に詳しい検査をすることもなく先生の質問に答えていくという形だけで偏頭痛だと言われました。
少し話をしただけで偏頭痛との診断がでたので、本当に正しいのかと不安になりました。
私としては、いつもの偏頭痛と違うような気がしたため、MRIなどの詳しい検査をしてくれるのかと思っていましたがそれはありませんでした。
処方薬としてロキソニンをいただきました。
それを飲んだら頭痛は治ったのでよかったのですが、もう少し詳しく検査をして欲しかったなと思いました。

>> もっと見る

top