メニュー
アクセス、診療時間、診療科目 新宿駅前クリニック耳鼻科 | 新宿区の耳鼻科 評判net|新宿駅前クリニックなど

新宿区の耳鼻科で評判になっている病院が、新宿駅前クリニックです。
アクセスもしやすいですし、利用できる時間も長いため、働いている社会人の方から非常によく使われています。
風邪やインフルエンザ、花粉症など日常的に経験する体調不良は、こちらの病院で対応している方も多いですよ。

新宿の泌尿器科併設の内科・耳鼻科

新宿駅前クリニックへのアクセス

まずこの新宿駅前クリニックへのアクセスですが、これは新宿駅のすぐ近くということで、アクセスは非常に良好です。
まずは新宿駅に行き、西口出口から出てください。
もちろん他の出口からでもアクセスは可能ですが、西口から出るのが一番近いですから、初めて行くときなどはこの出口からアクセスするといいですよ。

西口から出ると、目の前に大手の家電量販店が見えると思います。
この家電量販店の裏にはまた別のビルが建っているのですが、このビルの3階に新宿駅前クリニックは入っています。
このビルに行くために決まったルートはないのですが、駅から一番近いアクセスは、駅前の大手家電量販店とその隣の大手保険会社のビルの間を抜けていくルートです。
ここを抜けてしばらく歩くと、左側に有名なコーヒーチェーンの店舗が見えてきます。

このコーヒー店の位置が、駅前の大手家電量販店を過ぎた位置になります。
そしてちょうどここに左折する道がありますから、そちらへ入ってください。
この道が大手家電量販店の裏へ回り込める道になります。

しばらく進むと1回にコンビニが入った白いビルが見えてきます。
こちらの3階に新宿駅前クリニックが入っています。

病院単体で大きなビルなどは建っていませんから、所在地を確認せずに新宿駅まで直接行くと、少し迷うかもしれません。
この点は少し気をつけてください。
もし直接行って位置関係がわからなくなったら、新宿駅前クリニックまで連絡すればアクセスを教えてくれます。
また、スマホがあれば病院のHPにあるアクセスの案内も確認できます。
簡単な地図や現地の画像を載せた上でのアクセス方法も紹介されていますから、こちらを確認するのもおすすめです。

診療時間

診療時間は、平日の10:00~14:00、15:30~19:00となっています。
予約は不要で、この時間内に来院して受付をすれば診察を受けられます。
診察の受付時間は、診療時間の終了の15分前までです。
また、初診の方は18:00が終了時間になりますから、この時間までに受付を済ませるようにしてください。

診療時間について、おすすめなのは11:00~13:45までの間です。
この時間帯は比較的空いていることが多いです。
もともと待ち時間の短い病院として新宿で評判ですが、この時間帯は特に待たされにくいですから、時間がない方はなるべくこの時間帯での来院を考えるといいでしょう。
逆に混雑しやすいのは18:00以降の時間です。
こちらは仕事帰りの方が集中しやすいため、待ち時間が長くなりやすい時間帯です。
これらを参考に、来院する時間を決めるといいでしょう。

診療科目についてですが、この病院は耳鼻科のほかに内科・皮膚科・泌尿器科があります。
どの科の診察を受けるかは、受付のときに希望できます。
耳鼻科以外の症状で来院している患者も多くいますが、この点はあまり気にせずに来院してください。

この耳鼻科で見られる症状は、内科と重なる領域のものとなります。
たとえば風邪、インフルエンザ、花粉症、アレルギー性鼻炎など、内科でも対応できるような症状なら新宿駅前クリニックで対応できます。
耳や鼻、喉などの奥を詳細に調べる必要のある症状については、それを調べる設備がこの病院内にないため、こちらでは対応できないことがあります。
この点は少し注意してください。

これが新宿駅前クリニックの耳鼻科になります。
アクセスのよさや診療時間の長さ、対応できる症状などから、新宿でも非常に評判のいい病院です。
体調に異常などが起きて困っているときなど、利用してみるといいでしょう。

新宿の内科について

喘息「慢性的な喘息になる前に病院へ」

リボンさん 50代 女性
★★★★★

最初は、少し喉がイガイガしてきたのでちょっと風邪を引いたかな?と思って、家でうがいをしたりのど飴を舐めたりして、早めがいいと思って家にあった置き薬の風邪薬を飲みました。
翌日には少し咳が出ててき、喉はマシになってきたのに、その後二日程しても咳は一向に収まらず、悪化してきました。
風邪薬は、3日分だったので、その薬もなくなったし、咳に効果があるどころかひどくなってきたので病院に行きました。
でも、病院でも普通の風邪薬しか処方されず、その薬を3日飲んだのですが全く咳に効果がなくて、結局、また違う病院へ行きました。

一回目の時は、普通の風邪だろうとの事で、風邪薬だけの処方で収まらず、2回目は別の病院へいって、喘息の可能性があると言われ、咳止めやアレルギーの薬や気管支拡張剤のシールをとりあえず1週間分頂きました。
即効性はありませんでしたが、3日目位になると咳が収まってきて、咳くと胸が痛かったのもマシになってきました。
1週間薬を飲んだり、気管支拡張剤のシールを貼ったりして良くなってきましたが、念の為にも一度受診しました。
そして、咳止めの別の薬を出してくれ、気管支拡張剤のシールもまた頂き、その夜から新しく出された咳止めを飲んだら、とても自分に合ったのか2回程飲んだだけで、咳がほとんど治まりました。
結局1週間分の薬でしたが、4日だけ飲んで完全に咳は治りました。
>> もっと見る

咳 周りの人に移す前に受診を

はなかぜさん 40代 男性
★★★★★

最初はのどか痛みだしたので、市販のアメを舐めたり、加湿器をかけたり、マスクしたり自分なりに努力してましたが、喉の痛みは一向におさまらず、声がれを起こし始めました。
職業が接客業のため、声が出にくいのは困った自体でした。
そのうえ、咳が出始めたので、マスクと咳止めを買ってのんでいましたが、なおりません。

一週間くらい様子を見ても変わらないので、さすがに職場の人からも指摘を受け始めした。
そして、ついに発熱もありました。
体力的にも辛く、もう仕方がないので、受診することにしました。

市販薬を飲んで、様子を見ていたことをつけました。

先生は、つらいけど、はやくきたほうがいいよ、といってました。
診察を受けるとなると、時間もかかるし、待ち時間が長いこと、わざわざ出向くといった行動も必要で、わかっていてもつい足が遠くなります。

でも、診察の結果、喉の炎症がかなり悪化していたようです。
市販薬で何とかなるレベルではなく、きちんと治療が必要なレベルでした。
あと何日か放置していたら、脱水症状が出ていたかも、といわれました。食べるとき喉が痛いので、食欲もなくなってました。
やはり、自分で大丈夫だと思い込もうとしていたんです。

でも、専門は専門家です。
市販薬ではない、きちんと処方された抗生物質を内服したら、翌日には症状が軽くなり、3日もすると痛みもとれ、熱も下がりました。
あの苦しかった一週間はなんだったのか、いまだ、早く行けばよかったと思います。

様子を見るのも必要ですが、限度や見極めを早くすることも必要です。
ツライ思いを少しでも早く楽にすること、早く治療すれば回復もはやいこと、ひいては職場への復帰も早く迷惑も最低限ですむこと。
早めの受信が大事だって思いました。
>> もっと見る

咳が治らず病院へ

光彦さん 30代 男性
★★★★★

発熱を伴う風邪をひき、最初は市販の風邪薬を飲んでいました。
発熱は2・3日で収まりましたが、咳がなかなか止まりませんでした。
咳が激しく、寝ている際も咳が止まらないから寝不足になって仕事にも支障をきたすようになり、病院を受診することにしました。
症状に最適な処方箋をもらったほうが早く治ると思い、さらに病院は子供のころから病気の時に受診していた近所の内科の病院だったから安心して治療を受けられると思いました。
喉に少し炎症があったことにあり、病院で吸引を受けたことによって痰がたくさん出てきました。
おかげで咳が少し緩和されました。それまでは、咳が止まらずに気管支炎のような痛みや腹筋が筋肉痛になっていたから咳が収まることによって気持ち的にも楽になりました。
さらに病院では咳止めと抗生物質を処方してもらったことで、3日後には咳が少しずつ収まって夜も寝れるようになり、それから徐々に咳が出なくなりました。
完全に咳が収まるまでは2週間を要しましたが、治ってよかったです。

そして、利用した病院は掛かり付けの病院ということあり、これまでの医療記録や私の体質に合った治療法の提案を行ってくれたから安心して受診することができました。

>> もっと見る

花粉症も軽減できる

はるかさん 30代 女性
★★★★★

3月になると、花粉症による影響なのか鼻水が止まらなくなってしまいます。ときにはその鼻水が続いたことによって、偏頭痛を起こしてしまうことも多くあったので、仕事の能率が悪くなり、なんとかしたいと思って受診をすることにしました。
また、最近では花粉症に対する対策が進んでおり、自分もこれまで花粉症でとても悩んできたので、最新の治療を受けてみることによって、何とか改善することができないかと思ったのも受診するきっかけです。

受診することによって、自分が何のアレルギーによって花粉症が引き起こされているのかと言うことがわかりました。
また花粉症のシーズンの前に、注射によって体に免疫をつけておくことによって、花粉症の症状が改善されると言う話を聞いたので、試しと思って注射を受けてみました。
結果的には、かなり効果があって、今年の春先にはあまり花粉症で悩むことなく過ごすことができました。
これまでは花粉症によって仕事が手につかないような日も何日かあったのですが、今年は注射のおかげなのか、花粉症によって痒みを感じることやくしゃみをする事はあっても、仕事が手につかなくなるような症状にはならずとても助かりました。
来年以降も試してみたいと思っています。

>> もっと見る

【喘息】生まれつきだけでなく大人になってから喘息になることも

りんりんさん 30代 男性
★★★★

子供の時に、咳き込むことが多く、ひどい時には呼吸ができないほどでした。
父からは車の排気ガスを吸い込んだからだろうと言われていました

家系的にも気管支が弱かったのもあると思います。大人になってからは風邪を引くと、誘発されて喘息が必ず起こります。
仕事中お客様と話す時に咳き込んでしまって、その場を離れることもよくあります。と
ても辛いですし、仕事にも支障が出て困っています。吸入薬が手放せない状況です。日頃から風邪を引かないよう気をつけています。

診察の待ち時間に咳き込んでしまい、他の患者さんの目もあるので、しばらく咳が収まるまでトイレにいることがよくありました。
トイレにいる間に順番を抜かされることもあり、診察ぬいつも時間がかかってしまいました。先生に症状の説明をしたり何か話そうとすると喘息発作が出てしまうこともありました。そんなときは、診察室のベッドで休ませてもらえてよかったです。
あまりひどい時には、その場で薬を使ってもらうこともありました。
いつも同じ日の同じ時間に外来にくる患者さんで同じ喘息を持っている人がいて、色々な話をしたり相談に乗ってもらったりしました。
喘息との付き合いは、これからも続きますが今の病院の対応には満足しています。

>> もっと見る

発熱でも病院にいってよかった

ゆうきさん 30代 女性
★★★★★

朝からなんとなく身体がだるくて寒気がするな、と思っていたら、夕方から熱が出はじめて、夜には39℃を超える熱がでました。

とりあえず市販の風邪薬を飲んで様子をみようと思ったのですが、深夜になるころには熱が40℃近くまで上がってしまいました。
汗をかいてのどはカラカラでしたが、のどが痛くて飲み物も飲めないような状態で、身体中の関節が痛み、本当につらかったです。
翌朝になっても熱は39℃を超えたままで、動くこともままならなかったので、病院で診てもらうことにしました。

病院に着いたときは、発熱に加え、のどの痛みも増してきていて、ひどい悪寒がしていました。
季節が夏だったこともあり、インフルエンザの可能性はないだろう、とのことでしたが、小学生と幼稚園児の子供がいることから、何かの感染症の可能性もあるということで、鼻に長い麺棒のようなものを入れて検査をしました。

検査の結果は咽頭結膜熱で、いわゆるプール熱というものでした。
子供に多い感染症だが大人でもかかることがあること、特効薬はないが症状を和らげるための薬を処方することなどを説明されました。
その後、抗生剤と解熱剤、のどの痛みを和らげるお薬など数種を処方され、2日ほどで良くなりました。
お薬を飲み始めてから明らかに症状がやわらいでいくのがわかったので、あのとき、先生にきちんと検査してもらえてよかったと思います。
>> もっと見る

【喘息】の口コミ

しょうこさん 40代 女性
★★★

日中、地域の運動会があり、小学校の運動場にいました。風の強い日で、PM2.5が高めの予報が出ていました。
運動会が進むにつれ、咳がひどくなってきました。お昼頃には、息を吸うと少しヒューヒューという音がします。お弁当を食べて、早めに家に帰りました。
夜になって、急に息をするのが苦しくなってきました。浅い息しかできません。
数時間我慢していましたが、眠ることもできず横にもなれず、唇の色も悪くなってきました。会話も一言発するのがやっとでした。
夜間の救急病院へ受診して、吸入を2回行い朝になったら病院へ行くようにすすめられました。

朝になって、すぐに近所のクリニックを受診しました。喘息の発作が出ていて、ここでは治療できないと言われました。
国立医療センターの紹介状をもらい、そのまま大きな病院へ向かいました。
喘息の中~大発作を起こしているということで、すぐに治療が始まりました。酸素マスクと点滴でステロイドを行い、1週間の入院の指示が出ました。
幸い、国立医療センターは家から近いところにあります。紹介状を書いてもらったので、直ぐに診てもらうことができました。1度入院しているので、今後は発作の時は、診察時間は関係なく診てもらえることになりました。そのため、安心して暮らせています。今まで2回、発作での診察と定期通院を行っています。
いつでも診てくれる場所があるのは、喘息がある人にとっても心強いことです。
喘息についても勉強もありました。信頼できる先生がいるからこそ、症状は安定しており元気に生活できます。とても感謝しています。

>> もっと見る

top