メニュー
アクセス、診療時間、診療科目 新宿駅前クリニック耳鼻科 | 新宿区の耳鼻科 評判net|新宿駅前クリニックなど

新宿区の耳鼻科で評判になっている病院が、新宿駅前クリニックです。
アクセスもしやすいですし、利用できる時間も長いため、働いている社会人の方から非常によく使われています。
風邪やインフルエンザ、花粉症など日常的に経験する体調不良は、こちらの病院で対応している方も多いですよ。

新宿の泌尿器科併設の内科・耳鼻科

新宿駅前クリニックへのアクセス

まずこの新宿駅前クリニックへのアクセスですが、これは新宿駅のすぐ近くということで、アクセスは非常に良好です。
まずは新宿駅に行き、西口出口から出てください。
もちろん他の出口からでもアクセスは可能ですが、西口から出るのが一番近いですから、初めて行くときなどはこの出口からアクセスするといいですよ。

西口から出ると、目の前に大手の家電量販店が見えると思います。
この家電量販店の裏にはまた別のビルが建っているのですが、このビルの3階に新宿駅前クリニックは入っています。
このビルに行くために決まったルートはないのですが、駅から一番近いアクセスは、駅前の大手家電量販店とその隣の大手保険会社のビルの間を抜けていくルートです。
ここを抜けてしばらく歩くと、左側に有名なコーヒーチェーンの店舗が見えてきます。

このコーヒー店の位置が、駅前の大手家電量販店を過ぎた位置になります。
そしてちょうどここに左折する道がありますから、そちらへ入ってください。
この道が大手家電量販店の裏へ回り込める道になります。

しばらく進むと1回にコンビニが入った白いビルが見えてきます。
こちらの3階に新宿駅前クリニックが入っています。

病院単体で大きなビルなどは建っていませんから、所在地を確認せずに新宿駅まで直接行くと、少し迷うかもしれません。
この点は少し気をつけてください。
もし直接行って位置関係がわからなくなったら、新宿駅前クリニックまで連絡すればアクセスを教えてくれます。
また、スマホがあれば病院のHPにあるアクセスの案内も確認できます。
簡単な地図や現地の画像を載せた上でのアクセス方法も紹介されていますから、こちらを確認するのもおすすめです。

診療時間

診療時間は、平日の10:00~14:00、15:30~19:00となっています。
予約は不要で、この時間内に来院して受付をすれば診察を受けられます。
診察の受付時間は、診療時間の終了の15分前までです。
また、初診の方は18:00が終了時間になりますから、この時間までに受付を済ませるようにしてください。

診療時間について、おすすめなのは11:00~13:45までの間です。
この時間帯は比較的空いていることが多いです。
もともと待ち時間の短い病院として新宿で評判ですが、この時間帯は特に待たされにくいですから、時間がない方はなるべくこの時間帯での来院を考えるといいでしょう。
逆に混雑しやすいのは18:00以降の時間です。
こちらは仕事帰りの方が集中しやすいため、待ち時間が長くなりやすい時間帯です。
これらを参考に、来院する時間を決めるといいでしょう。

診療科目についてですが、この病院は耳鼻科のほかに内科・皮膚科・泌尿器科があります。
どの科の診察を受けるかは、受付のときに希望できます。
耳鼻科以外の症状で来院している患者も多くいますが、この点はあまり気にせずに来院してください。

この耳鼻科で見られる症状は、内科と重なる領域のものとなります。
たとえば風邪、インフルエンザ、花粉症、アレルギー性鼻炎など、内科でも対応できるような症状なら新宿駅前クリニックで対応できます。
耳や鼻、喉などの奥を詳細に調べる必要のある症状については、それを調べる設備がこの病院内にないため、こちらでは対応できないことがあります。
この点は少し注意してください。

これが新宿駅前クリニックの耳鼻科になります。
アクセスのよさや診療時間の長さ、対応できる症状などから、新宿でも非常に評判のいい病院です。
体調に異常などが起きて困っているときなど、利用してみるといいでしょう。

新宿の内科について

耳湿疹口コミ「耳の病気は早めの対処が大切」

ハルタンさん 女性 20代
★★★★★

耳の中から外にかけて痒いなと感じたのが最初です。
モゾモゾと可能な範囲で掻いていたら、今度は痛みも感じるようになりました。
耳掃除は普段からしていましたが、足りなかったのかなと思いやってみると、余計に痛みが酷くなりました。
聞こえには問題ありませんでしたが、耳の病気は早めの対処が大事だと母にアドバイスを受け、クリニックに電話してみました。
すると一度診てみないとわからないと言われたのでそのまま予約しました。

診察では痛みと痒みがあることを先に伝え、そのあと先生に耳を診てもらいました。
そしたら頻繁に耳掃除をしているかと聞かれ、自信をもってはいと答えたらそれはあまり良くないねと言われました。
先生曰く耳の中のごみは自然に落ちるもので、本来なら耳掃除は必要ないそうです。
どうしても気になるときだけやって、回数を減らしていこうとのことでした。
ちなみに湿疹が治るまではやらない方がいいそうです。

ブロー液の点耳薬を処方され、これを落ち着くまでつけることになりました。
また痛みや痒みが酷いときに使えるよう、念のためプレドニゾロンも出されました。
家に帰った後で困らなくていいよう、色々なケースを考え薬を出してくれたのが有り難く感じました。
幸いクリームの出番はほぼなく、点耳薬のみ数日使い続け治りました。

>> もっと見る

副鼻腔炎口コミ「きちんと薬を飲んで根気よく通院することでよくなった」

ぱんださん 女性 30代
★★★★

風邪をこじらせて、頭痛と顔面痛、濁った粘性の鼻水がひどくなったことから耳鼻科を受診しました。
蓄膿症には以前もかかったことがあり、大体見当が付きました。
治療が長くかかったので、気が重かったですが、とにかく顔面痛がひどく、一番ひどいときには横たわって唸っていることしかできないほどでしたので、何とかしたい一心でした。
いくら鼻をかんでもかんでも粘っこい鼻水が止まらず、喉の方にも落ちてきて大変不快な症状でした。

病院ではレントゲン検査を行い、蓄膿症であるとの診断が出ました。
膿を吸い出してもらい、患部に直接薬を付けて、さらにネブライザーを使いました。
3日に1回くらいは通院して、この治療をおこなう必要があるとの説明でした。
薬は抗生物質(クラリス)と抗炎症剤(トラネキサム酸)と痰を出す薬(ムコダイン)と漢方薬(辛夷清肺湯)と鎮痛剤が出ました。

膿を吸ってもらってからは頭重感が軽くなりましたが、しばらくするとまた頭が重く痛くなりました。
きちんと薬を飲んで根気よく通院することでよくなったと思います。
症状が軽くなってきてからは自宅で鼻うがいをおこないました。
鼻うがいは1日2回くらいやっていましたが、鼻の通りがよくなり、心なしか治りも早くなった気がします。

>> もっと見る

【花粉症】の口コミ「顔のほほのあたりにもかゆみが始まりました」

mirukuさん 30代 女性
★★★★★

まさか花粉症とは思わず、長引く季節の変わり目にひいた感冒だと思っていたら物凄く目が痒く、喉もイガイガ痒くなり、病院を受診しました。鼻水やくしゃみも酷く、夜中や早朝にも鼻水がいっぱいで目が覚めたり、睡眠不足になって辛かったのも受診の一因です。
大好きなトマトを食べ、口がチクチクしたのも気になることでしたし、一度アレルギー検査をしてみたいとも思っていました。病院で顔の痒みも花粉症が原因なのか?聞いてみたかったので。

思い切って病院でアレルギー検査を受けて良かったと思います。毎年花粉のシーズンになるとトマトやキウイフルーツ等普段食べ慣れている食べ物にも何らかのアレルギー反応が出やすいこともわかりましたし、理由がわかり安心しました。
多くの方が花粉アレルギーを持っているのだなと病院で知れましたし、いざという時市販の飲み薬でも対応出来るようになったり、病院の診療メリットは大きかったです。症状の重い時には病院で処方された飲み薬と点鼻薬や目薬で処置し、軽くなったら市販薬と選択しながら花粉症と付き合ってます。
花粉症以外にも、病院での診察で鼻の奥が片方狭いということもわかり、レーザー処置をした方が良いとも言われました。他の気になる症状にも答えてくれるので診察は大切だと思います。

>> もっと見る

副鼻腔炎:鼻の中のにおいも強烈に

まるさん 20代 女性
★★★★

以前にも副鼻腔炎になったことがあり、症状を知っていたので、鼻の中から膿のニオイがして気づきました。
副鼻腔炎になる前に、風邪を引いており、風邪は治ったのですが、鼻の中のニオイはなくならず、黄緑色のサラサラした膿が出ていました。
ニオイがするだけで、顔の痛みもなく、生活には支障がなかったので、1~2週間程度何もせずに様子を見ていました。
しかし、症状がよくならなかったため、病院を受診することに決めました。

近所のクリニックを受診し、膿を吸い取ってもらい、薬の吸入をしました。
1週間抗生剤(アモキシシリン)と胃薬を処方してもらい、飲みきりました。
1週間たった頃には、少し症状はおさまっていました。
しかし、また1~2週間経つと、鼻の中から膿のニオイがするようになり、別のクリニックを受診しました。
そのクリニックでは、副鼻腔に針を刺し、整理食塩水で洗浄し、膿を出す処置をしてもらいました。
処置のあと、1週間はまた抗生剤を処方してもらいました。
処置の直後は膿のニオイもしなくなり、改善していました。
しかし、薬を飲み終わってから1~2週間経つと再発し、再度受診すると、総合病院に紹介となりました。
症状は今もあり、痛みはありませんが、膿のニオイがします。
慢性副鼻腔炎になっており、手術が必要となりました。

>> もっと見る

副鼻腔炎:ひどくなると頭痛にまで発展

はなはなさん 40代 女性
★★★★★

鼻風邪をひいていて黄色い鼻水が長く続いていました。
ほかに症状がなかったので、鼻水ならそのうち治るだろうと思っていました。
ところが、全然治らないばかりか、日が経つにつれて目の下(頬の上)の部分が痛く、さらに重くなってきました。
何だろうと思いながらしばらく過ごしていると、今度は頭痛がするようになってきたのです。
そして、さらに目の下の部分も痛さが増してきました。
これは普通ではないと思い、我慢もできないぐらいだったので耳鼻科に行くことにしたのです。

耳鼻科でレントゲンを撮ってみると、目の下の副鼻腔という袋のところに膿がたまっているとのことでした。
耳鼻科では、クラリシッドという抗生剤とカルボシステインという薬を処方されました。
また、病院でネブライザーをしたところ、痛みは少し和らぎました。
先生には処方された薬を1週間飲んでみて、また病院へ来るように言われました。
薬を飲み始めて3日もすると、目の下の痛みや頭痛はなくなりました。
また、鼻水も透明に近くなってきました。
一気によくなってきた感じがしました。
そして、1週間薬を飲み切ったところで病院で再度診察をしていただきました。
とてもよくなったということで、副鼻腔炎は完治しました。
また、私の鼻のかみ方が悪いかもしれないということで、ゆっくり長く優しく鼻をかむように指導されました。

>> もっと見る

耳湿疹:耳がかゆい症状がでたら早めに受診するのが正解

sakai78さん 20代 女性
★★★★★

私は大学生の頃に、突然耳の裏がとても痒くなりました。
2、3日してもなかなか治らずに痒みは徐々にひどくなっていきました。
また、耳の裏に湿疹のようなものができていたので、近くにあった耳鼻科を受診することにしました。
初めて耳鼻科を受診しましたが、とても雰囲気が良く、受付の方もとても丁寧な口調で対応して頂きました。
病院内はとても綺麗に清掃されており、落ち着いた雰囲気でゆっくりと過ごすことができたのがとても良かったです。

耳鼻科の先生はとても優しい口調の年配の先生でした。
耳鼻科の先生に症状の発現時期や痒みの部位、2、3日前から症状が続いていることを伝えました。
そして、先生は私の耳の裏を見て、
「耳湿疹だね。とりあえず軟膏の薬を出しておくから、塗って様子見て下さい。ひどくなるようならまた来てくださいね。」と言われました。
そして、処方箋を受け取って、耳鼻科の前にあった調剤薬局へ行きました。
調剤薬局の薬剤師の先生から、抗真菌薬とステロイドが混合された軟膏であることを説明して頂きました、貰った軟膏を塗って3日目ほどで症状は徐々に改善していき、1週間経った頃には症状は完全になくなりました。
そして、耳湿疹の治療は終了となりました。
耳鼻科の先生も薬剤師の先生もとても丁寧で、分かりやすく説明してくれたので、満足です。

>> もっと見る

喘息「慢性的な喘息になる前に病院へ」

リボンさん 50代 女性
★★★★★

最初は、少し喉がイガイガしてきたのでちょっと風邪を引いたかな?と思って、家でうがいをしたりのど飴を舐めたりして、早めがいいと思って家にあった置き薬の風邪薬を飲みました。
翌日には少し咳が出ててき、喉はマシになってきたのに、その後二日程しても咳は一向に収まらず、悪化してきました。
風邪薬は、3日分だったので、その薬もなくなったし、咳に効果があるどころかひどくなってきたので病院に行きました。
でも、病院でも普通の風邪薬しか処方されず、その薬を3日飲んだのですが全く咳に効果がなくて、結局、また違う病院へ行きました。

一回目の時は、普通の風邪だろうとの事で、風邪薬だけの処方で収まらず、2回目は別の病院へいって、喘息の可能性があると言われ、咳止めやアレルギーの薬や気管支拡張剤のシールをとりあえず1週間分頂きました。
即効性はありませんでしたが、3日目位になると咳が収まってきて、咳くと胸が痛かったのもマシになってきました。
1週間薬を飲んだり、気管支拡張剤のシールを貼ったりして良くなってきましたが、念の為にも一度受診しました。
そして、咳止めの別の薬を出してくれ、気管支拡張剤のシールもまた頂き、その夜から新しく出された咳止めを飲んだら、とても自分に合ったのか2回程飲んだだけで、咳がほとんど治まりました。
結局1週間分の薬でしたが、4日だけ飲んで完全に咳は治りました。
>> もっと見る

top